新しいドライアイ治療

唯一の根本的治療、
点眼を使わない新しいドライアイ治療

武田眼科では、マイボーム腺機能不全に治療効果の高い【ルミナスM22 IPLシステム】を導入し、
新しいドライアイ治療を開始いたしました。

マイボーム腺機能不全とは、瞼の裏側にあるマイボーム腺がつまると涙の中の油分のバランスがくずれて
目が乾きやすくなったり、涙目になったり、炎症が起きたりします。

「ルミナスM22 IPLシステム」によるIPL治療は、特殊な光を当てることでマイボーム腺機能不全を改善する画期的な治療法です。
海外の学会でもその成果が続々と報告されており、効果が高いことから注目を集めています。

マイボーム腺機能不全に行う
新しいドライアイ治療
IPL治療

IPL治療は継続が必要な点眼治療とは異なり、根治的な治療を行うことができる
最先端の治療です。

IPL治療を行うことでマイボーム腺の詰まりが解消し、十分な油分が分泌されて
涙が蒸発しにくくなり、目のうるおいを保つことができます。

治療の流れ

●IPL治療が適応と判断された場合、具体的な治療の流れや注意事項について詳しく説明した上で
同意いただき施術をおこないます。

●IPL治療は素肌の状態で施術を受けて頂く必要があります。当日は、メイクはすべて落としてご来院ください。
(眼周囲に毛が生えていると毛に反応して痛みを感じやすくなるため、前日までに眼周囲の剃毛をお勧めしています。)

●IPLを当てる場所にホクロがあるときはパッチシールを貼ってカバーします。

●専用のアイマスクをつけて眼を保護します。

●照射部分(下まぶたの下部)に水溶性ジェルを塗ります。

●頬から瞼の下、鼻にかけて数回照射を行います。

●ジェルを拭き取り目のまわりを洗浄して終了します。

●IPLの刺激により、マイボーム腺の分泌がよくなります。
治療効果は個人差がありますが、速やかに現れ、その持続時間は回数を重ねるたびに長くなります。
3~4週間おきに4回以上実施すると効果が高いというエビデンスがありますが、
ドライアイの重症度と罹患期間によって治療期間が異なります。

※所用時間10分

●施術後は紫外線対策が必要ですので、日焼け止めクリームを塗ってからご帰宅下さい。
なおメイクは施術後可能です。

●持参品
ハンドタオル
保湿用品(日焼け止めクリーム等)

施術後の注意事項

●治療後は肌に赤みを帯びやすくなりますが、通常、2~3時間で落ち着くことが多いです。

●皮膚が弱い方など、まれに浅達性熱傷による強めの赤みやヒリヒリ感を生じる場合があります。

●治療後約2週間は照射部位の紫外線対策が必要です。日焼け止めクリームを塗ることをお勧めします。

●洗顔、入浴、化粧等、日常生活上の制限は特にありません。

IPL治療費用
※本治療は自費診療(保険適応外)です。
1回:10,000円(初回8,000円)(税別・診察代含む)
4回セット:35,000円(税別・診察代含む)
ご予約による診察も行っております
インターネット予約
《24時間ご予約受付中》
電話・インターネットどちらでもご予約可能です
※受診時にもご予約可能です