白内障手術

失明させないための白内障手術

Doctors Fileに掲載されました
白内障を進行させないために気をつけたいことや
日帰り手術の流れについてをご紹介しております

白内障手術日の送迎について
白内障手術日の送迎を31年3月より開始しております。
武田眼科では日本タクシーと提携し、白内障手術日の送迎を可能にしました。
このシステムは少しでも快適に患者さんが手術を受けられるようにと考えて作ったシステムです。

※ただし1回の送迎は3000円を上限とさせていただきます。3000円以上の部分は、患者さんの自己負担となりますのでご了承下さい。
送迎についてのご相談は武田眼科「072-834-5325」までご連絡ください。電話の対応は診療時間内のみとなりますので、ご了承下さい。

※送迎可能エリア:寝屋川市・枚方市・交野市・大東市・四條畷市(門真市・守口市は要相談)

当院ではCLASS1,000~10,000の
ハイクリーン手術室で手術を行い、
最新の白内障手術機器を導入しております。

当院の手術室は眼科の手術室に要求されるよりも
高レベルのCLASS1,000~10,000のハイクリーン手術室です。

また、白内障手術機器も最新のセンチュリオンを導入し、
従来機より安全で高精度の白内障手術が行なえます。

スタッフ一同、安全で満足度の高い手術を心がけております。

ハイクリーン手術室
白内障について

眼球の中で茶目(虹彩)のすぐ後にレンズ(水晶体)があります。
このレンズ(水晶体)はカメラのレンズにあたるものでもともとは透明ですが、
いろいろな原因で濁ることがあります。これが白内障です。

白内障の原因として、
○生まれつきのもの(先天性)
○けがによるもの(外傷性)
○他の病気に続いて起こるもの(併発性)
○老化によるもの(老人性)
等があります。

ご希望の患者さんには白内障の進行を
遅らせるとされる点眼薬の処方も行いますが、
一度濁ってしまった水晶体は透明に戻ることはありませんので
白内障の治療は、白内障手術しかありません。

白内障手術について

白内障の手術は濁った水晶体を取り出して、人工のレンズと置換える手術です。
今では、小さい傷から手術が可能となった為手術時間も短く、
また、局所麻酔で行う為手術後しばらくベッド上で安静にして頂くだけでその後は普通に起きて歩けます。

白内障手術の流れ
当院では、日帰り白内障手術を行っております。
白内障手術の費用
片目 1割(2割)負担 約20,000円(非課税) 
3割負担 約50,000円(非課税)
上記金額に通院費用は含まれておりません。
●手術給付金について
生命保険・医療保険に加入されている方は、手術給付金が受け取れることがあります。 手術前にご契約内容をご確認されることをおすすめします。
●高額療養費制度
医療機関や薬局で支払う医療費が1ヶ月で一定の上限を超えた場合、高額療養費制度を利用して、上限を超えた額の支給を受けることができます。
(両目ともに白内障であり、手術を検討されている方は、同月内で両目の手術を実施することで、1ヶ月以上を空けて片方ずつ手術をするより自己負担額が抑えられます。) なお、上限額は、前年度の収入、年齢などで患者さんごとに異なります。
詳細は、加入されている保険者にお問合せください。
厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」 全国健康保険協会「高額な医療費を支払ったとき」
当院では乱視矯正可能な単焦点レンズ≪保険適応≫も取扱っております

通常の単焦点レンズによる白内障手術の他に、保険適応内で乱視矯正可能な単焦点トーリック眼内レンズも取扱っております。
角膜乱視の方に適応があり、白内障手術後の乱視軽減が期待できます。詳しくは診察の際にお尋ね下さい。

多焦点眼内レンズ≪保険適応外≫について

当院では保険診療外の多焦点眼内レンズと呼ばれる、遠くも近くもある程度裸眼で見える眼内レンズを取扱っております。
ご希望であればご説明いたしますので診察の際にお尋ね下さい。

≪白内障相談受付中≫お気軽にご相談下さい

○白内障がどの程度進んでいるのかみてもらいたい

○白内障手術を考えているが手術をもっと詳しく知りたい

○他院で白内障と言われたが確認のためもう一度みてほしい(セカンドオピニオン)...等

インターネット・お電話で白内障手術のご予約が可能です。
お気軽にご相談下さい。
インターネット予約
《24時間ご予約受付中》
電話・インターネットどちらでもご予約可能です
※受診時にもご予約可能です